ソープランドでいつまでも楽しく遊ぶために

知るほどに奥深い!多様化するソープランド

ほんのひと昔前まで、ソープランドといえばちょっときれいでスタイルの良いお姉さんとセックスが楽しめる、という場所でしかありませんでした。
もちろん、その基本線は現在でも変わっていませんが、ソープランドも時代とともに多様化と細分化が進み、ユーザーのマニアックな好みに対応する店も増えてきました。
その代表例が「巨乳系ソープ」で、文字通りおっぱいの大きい女の子をそろえたこの種のお店は安定して人気があり、廃れる気配を見せません。

巨乳系ソープの成功を見て、最近では貧乳系ソープ、熟女系ソープ、ツンデレ系ソープ、アニメ系ソープなど、多彩なジャンルのソープランドが続々と登場し、ユーザーに受け入れられています。
中には地雷系ソープといって、普通のお店では決して採用されないようなランクの女の子をそろえることできわめてマニアックなニーズを満足させるというところもあります。

ソープランドはなぜ風俗の王様なのか

今も昔も、ソープランドは風俗の王様として世の男性の憧れの対象となっています。
それはたんにセックスができるから、という理由だけではなく、他の風俗にはない特別な要素をソープランドがかねそなえているからではないでしょうか。

ソープランドならではの要素。
それは、格式です。
さかのぼれば江戸時代の遊郭をその起源としているソープランドは、現在でも歓楽地としての伝統と格式を重んじています。
だからこそ、最高級のソープランドではコンパニオンのレベルが非常に高く、セックスのテクニックだけでなく、最上級のおもてなしを心得ている女性だけが入店を許されています。
日本のソープランドは、海外から見て到底理解しがたいと言われています。
明らかに売春行為が行われているのに表向きには複雑な理屈をつけ、あくまでも入浴場所として位置づけられているソープランドは、合理主義の観点から見れば不可解な存在に思えるのでしょう。


この記事をシェアする